fc2ブログ

ほととぎす・・・後鳥羽院

下記の書は ほととぎ寸 雲居のよ處尓 数支ぬ那里 晴れぬ思非乃 五月雨のこ娄  

と書いてあります
現代仮名では    ほととぎす (くもい)のよそに 過ぎぬなり 
          晴れぬ思いの 五月雨のころ
 

となります
意味は       ほととぎすが雲のかなたに鳴きすぎたのがきこえた  晴れ晴れしない     思いにとざされている 五月雨の頃よ 

003_20120715210326.jpg

           
スポンサーサイト



少婦莫長嗟

土曜日1か月ぶりに日吉に行き月選作品を提出し帰りに桜木町へ寄り裏打ちしてきました
少婦莫長嗟   今月は楷書で書きました

読み方   少婦(しょうふ)長嗟(ちょうさ)する莫(な)からんや


意味は   若妻よ、そうお嘆きなさるな

002_20120715161019.jpg

玉關殊未入

6月月選分です
玉關殊未入・・・今月は草書で書きました


読み方     玉關(ぎょくかん)殊に未だ入(い)らず
  

意味は      玉門に敵は入ってこられまい

002_20120701112509.jpg

吉野山・・・・西行

6月月選分です
下記の書は         吉野山 去年のし越り乃 道か幣て 
                 満多見ぬ可多能 花を尋ねん

と書いてあります
現代仮名では         吉野山 去年(こぞ)のしおりの 道かえて
                まだ見ぬ方の 花を尋ねん


となります
意味は            この吉野山で去年枝を折って印をつけておいた道を変えて
                 まだ見ない方面の花を訪ねよう


001_20120701111829.jpg

胡霜拂剣花

胡霜拂剣花・・・今月は行書で書きました

読み方     胡霜(こそう)剣花(けんか)を払う
 
意味は      辺地の霜は剣に照り映える

002_20120701105959.jpg
プロフィール

shuho-t

Author:shuho-t
書とフラを愛するシニアです 晴耕雨読ならず、一日のうちある時は静かに書に親しみ、ある時は笑顔いっぱいにフラを踊ります 

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる